ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 心がふだんぎになってみえること

心がふだんぎになってみえること

ろりぽっぷ 954号 2015年6月26日

ろりぽっぷ954号

今日現在で保育日数52日が経過しました。入園児、進級児共によそいきの姿からふだん着の姿を見せてくれる様になりました。言いかえれば緊張がほどけて素の自分が出せるようになったということでしょうか。無理にがんばったり、いい子をしなくていいという安心感が芽生え、少しずつ心が解放されてきていると感じます。気の合う友だちができ、1人ではやらないいたずらをするのもこの時期の子どもたち。つるんでいたずらをしている時の表情は何とも言えずうれしそうで快感のアドレナリンが出ているのだろうなと思います。
また一方では、甘えたり、泣いたり、怒ったり、いつもと違った姿を見せるお子さんも多くなり、子どもの心の複雑さを感じる場面があります。

その1つに弟や妹の誕生があります。生まれる前から心の揺れが始まる場合もあり、誕生後も長期にわたり心が不安定になり甘えがひどくなったりすねたり笑顔がなくなったりといろいろな変化がみられます。赤ちゃんが生まれても何の動揺もなく気分が安定しているお子さんはほとんど皆無といってよいかもしれませんね。

そうそう補助教諭の知り合いで16歳の男の子が、下の子が生まれ赤ちゃんがえりをしたという話も聞きました。わざと親の手を焼かせるような事をする、甘えるなど大きくなっても自分を見てほしいというこっちみて行動がみられたということです。ましてや幼児期ではあたり前ととらえた方がいいのですね。

また、今までと違う姿をみせるお子さんの中には、進級し新しいクラスの友だち関係で揺れ動く心を持て余しているケースもあります。新しい人間関係を再構築している過渡期にあってさみしさや不満がいろいろな形で表れています。着地点を見つけるまでは、やはり時間が必要、お子さんの力を信じて見守っていただきたいと思います。

というわけで、ろりぽっぷではお子さんの心の様子や変化を捉え、その原因を探り、どのように理解し対応していったらよいかを保育者全員で話し合うようにしています。
子どもは、自分の気持ちや感情を言葉ではなかなか表現をしてくれません。表情や態度から気持ちを汲みとり、理解し、そして心に寄り添うことで、子どもと心を通い合わせることができたらと、保育者たちは願いながら子どもたちと共に暮らしています。
<園長>

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 心がふだんぎになってみえること

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。