ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 子どもといっぱいおしゃべりしよう

子どもといっぱいおしゃべりしよう

ろりぽっぷ 953号 2015年6月19日

ろりぽっぷ953号

父は83歳まで現役の医師として仕事をし、2ヶ月ほど床に伏し、旅だっていきました。
十分な年齢だったにもかかわらず、別れはまだ先、父の昔話を聞く時間はまだまだあると信じていた私はうかつでした。あれもこれも聞いておきたかったと、取り戻せない時間を悔いています。
学生時代を満州で過ごし、母と出会い二人の子をもうけ、昭和23年に命からがら(と想像している)引き揚げてきた父。その間のつらかったであろう話は、いっさい私には話してくれませんでした。黙して語らない父に、話したくない、思い出したくない何かがあったのかと、大人になった私は推しはかるばかりでした。後日、私は母方の祖母から、引き揚げについてのそのすさまじい情景を知ることになるのですが…。
一般論ですが、私たちの世代の大正生まれの父親は、あまり家族、特に子どもにあれこれ話してくれることは少なかったように思います。家族のために必死で働く後ろ姿を見て、私たちは父親とはそんなものと思ってきました。

さて、21日(日)は父の日。お父さんは大いにお子さんとおしゃべりしてほしいと思います。ご自分の子どもの頃のこと、どんな遊びをしたのか、どんないたずらをして叱られたのかなどなど…。
そして、お父さんお母さんの親御さんがご存命ならば、いろいろな話をなさってみてはいかがでしょうか。プレゼントをするのもきっと喜んでもらえると思いますが、父と子が語り合ったり遊んだりする日、そんな「父の日」もあってもステキですね。
今夜はプレゼントのビールを飲みながら、お子さんと大いにおしゃべりで盛り上がってください。そして働き盛りのお父さんくれぐれもお体を大事になさって下さい。
(2010年774号 復刻版)<園長>

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 子どもといっぱいおしゃべりしよう

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。