ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 笑って泣いてほっとして 〜終わったね 生活発表会〜

笑って泣いてほっとして 〜終わったね 生活発表会〜

ろりぽっぷ 977号 2016年2月19日

ろりぽっぷ977号

立春を過ぎ、降りそそぐ光の中にも春を感じ、気持ちも少しずつ春色に染まっていきます。窓の外に目をやると、ガラスのくもりがやけに目につくようになるのもこの季節。主婦のはしくれとしては心がざわつく早春です。

さて、11日の生活発表会も何とか終わり、週明けには54名ものご父母の皆様から感想を寄せていただきました。その中の我が子の思いがけない言葉として、「歌っている時、何度も何度も泣きそうになったんだよ。もうクラスのみんなとお別れだっておもったら涙が出そうになったんだ。でもね、ぼくの目の横には泣かないようにするドアがあるの。だからぼく、ガシャンって頑丈にカギかけてがまんしたんだ」と。心もたくさん成長しているのだな…と改めて感じた言葉でした、と記して下さいました。

とにもかくにも、生活発表会が終わりほっと一息。今回は、今まで公表することがなかった保育者側の反省や思いをお伝えしたいと思います。「反省なきは成長なし」などと園長に叱咤され毎年こと細かに書き出してもらったものの一部です。

どのように進めたら、子どもたちに楽しんでもらえるかを考えていくのが難しかった。子どもたちの反応に一喜一憂で、反応が悪いと、思い描いていた様な楽しいものになるのかと焦りを感じてしまった。
上手くいくイメージで進めていくことは大切だが、そうでないときのことも予想し、柔軟に対応していくことも必要、と改めて感じた。
ステージに上がることが精一杯だろうなと思う反面、少しでもいい表情が見られたらいいなと願っていた。当日を迎えるまでは不安でいっぱいだった。

<年少担任>

子どもたちとのやりとりの中で劇を進めていくことの難しさを感じた。特に、「発表会をやらなくちゃいけない」と子どもの中で思ってほしくはなかったので、「たのしみながら進める」を常に考えてはいたが、当日のことを考えたり、少しでも良いものを…とどうしても考えてしまって悩んだ。また、昨年同様、自分自身に余裕がなくなってしまい、子どもたちに申し訳なかったと思う。当日は、子どもたち1人1人がとても頑張ってくれて、その中で楽しんでくれたように見えて、とても嬉しかった。
担任が中心になって進めていくものだが、主役は子ども。担任もたのしむ心を忘れずに子どもと一緒に劇ごっこをしていこうと思った。たくさん悩み、奮闘した分、達成感を感じることができたし、ますます今のクラスの子どもたちのことが大好きになった。自分と、子どもを信じて当日を迎えられ良かった。また、たくさんの先輩方にアドバイスを頂いたり、励まして頂いたので、1人では乗り越えることができなかったと感じた。

<年中担任>

毎年のことではあるが、短い時間で楽しみながら準備をしていくことのむずかしさを改めて感じた。
合奏では発表会の数日前に鍵盤ハーモニカ、木琴の練習を始めた子がいた。人数的に変更がむずかしかったが、子どもたちのやる気と周りの子の賛成もあり、希望の楽器に変更した。当日は、やはりメロディーがバラバラ…と感じたが、子どもたちはみんな「できた!」と言っていたのでよかった。
劇を2学期から準備をすることはむずかしいけれど、合奏の曲だけでも早く決めておけば、子どもたちも、もっとじっくり取りくめたかなと思う。

<年長担任>

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 笑って泣いてほっとして 〜終わったね 生活発表会〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。