ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2016-03

2016-03

卒園おめでとう そして さようなら

ろりぽっぷ 980号 2016年3月17日【年長最終号】

ろりぽっぷ980号
卒園式までの日めくりが最後の1枚になり園長組さんともお別れの時がやってきました。ランチおしまいの日には、「あぁ、これでろりぽっぷのランチおわりか〜。もっと食べたかったのになぁ」という声や少食だった子も最後だから、と、きれいにたいらげる姿も見られました。

先日、修了証書授与の練習の後、年長児たちと話す機会をもうけました。小学校への不安は何かなというテーマでみんなの声を聞いてみました。「学校の門を入るのが心配」、「トイレに学校の花子さんがいたらどうしよう」と、子どもらしい心配ごとが挙げられましたが、1人きりで進学する子が13人。まずは友だち作りが課題です。そこで、座席の前後左右の友だちに自分から声をかけてみようとアドバイス。勉強は先生のお顔をじっと見て話を聞こう、そうすればわかるからなどなど…。でも、みんなだったらどんな時も、どんな事があっても大丈夫。いろいろな力を身につけたのだから。今年は特に、食べることをテーマにいろいろな食材や料理にもチャレンジ。そして、グループで力を合わせてやりとげる経験をたくさん積み重ねてきました。自分の思いを出しながらみんなの気持ちも大事にし、折り合いをつかて着地点を見つけるという難しいことにもチャレンジしました。そうそう、天下の上野動物園で自由行動をやってのけたのだもの。

日々、友だちとどうしたらうまくやっていけるか、人として大事なことを学んできた子どもたち。人はひとりでは生きられないものです。誰かと触れ合いながら生きていく中で、相手の気持ちや心の痛みをわかってあげられる人になってほしい、きっとなれるはずと信じています。やわらかい感性と思いやりに溢れていた58人の年長さんと共に過ごすことのできた私達は幸せでした。共に遊び、共に笑い、涙してきた私たちは、子どもたちのやさしさに勇気づけられ、なぐさめられ、喜びをたくさん分けてもらいました。これからも、子どもたちが訪れた時、ひとりひとりの良さを誰よりも知っている私たちスタッフが、いつでも抱きしめてあげたいと思っています。

年長組のお友だち、卒園おめでとう そして さようなら
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

いよいよ進級

ろりぽっぷ 980号 2016年3月17日【年少・年中最終号】

ろりぽっぷ980号

氷雨に降りこめられ本当に春は来るのかしらんと案じていましたが、15日(火)は抜けるような青空になり、ようやくお別れ遠足に出かけることができました。明けない夜はない、ずっと冬は続かない、そんな思いで過ごした1週間でしたが、子ども達が楽しみにしていた遠足が流れず本当によかったと心から思います。遠足のクライマックスはねるとんパーティー。(若いお母さんはご存じないかも…)年長さんが、3、4歳のお友だちの手を引いてグループを作り、お弁当を食べたり、おやつの取りかえっこをしたり、全学年入り乱れての楽しいひとときを過ごしました。

さて、明日(18日)は卒園式です。一緒に遊んだ58人の年長組さんが巣立っていきます。まだまだ羽の下であたため、抱きしめていたい、そんな親鳥の心境ですが、りっぱに成長した年長さんをみんなだったら大丈夫、と、背中をポンと押して送り出したいと思います。
年中のお友だちはいよいよ年長さんに。3歳、4歳と積み上げた力がいろいろね年長ならではの活動でパッと花開く学年です。また、年少さんはさらに遊び込む力とコミュニケーション力をつける大事な時期。それぞれがどんな成長ぶりを見せてくれるか楽しみです。
二度と巡ってこない、やり直しのきかない大事なこの時期をワクワクドキドキをいっぱい感じて過ごせたらいいですね。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

別れの日を意識して

ろりぽっぷ 979号 2016年3月4日

ろりぽっぷ979号

「ねぇ、わたし 今 デートしているの」と年長の女の子。「それはステキ。ところで誰とデートしているの?」と尋ねると、「〇〇くん」と、意外な組み合わせです。
そして、2、3日後、「わたし、毎日デートしているの」とくだんの女の子。相手が代わったと思いきややっぱり同じ〇〇くん。「ところで〇〇くんのどんなところがいいなって思うの?」とやぼなことを聞くと「やさしいところが好き」と答えが返ってきました。「うん、確かに私もそう思う。〇〇くんてやさしいし、かわいいとこ、あるものね。」取材によれば、どうやらきっかけは上野動物園で互いに手をつないだことから始まった様です。
年長は卒園まであと10日。それぞれが別れの日を意識して、限られた日々をいとおしむ様に友達との触れ合いを楽しんでいます。時間をかけてお友達の良さを見てきて、急速に深まっていく仲もあることをちょっとほろ苦い思いで見守っています。

さて、年長は卒園を、3、4歳は年度末をまもなく迎えます。保育者は、この1年間のお子さんの成長を振りかえり、ご父母の皆様にお伝えしようと連日文章にまとめる作業をしています。年長は小学校に送付する指導要録も作成中です。1人ひとりのお子さんの良いところ、ステキなところ、得意なこと、できるようになったこと、友達とのコミュニケーションの様子、話は聞けているか、生活習慣は身についているか、などについて記録しています。そこに今後の課題もスパイスとして加えてもいます。できあがり次第、お手元にお届けする予定です。お子さんの良いところをたくさんお知らせできるといいなと思います。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

積み重ねた力を発揮して 〜年長組卒園遠足 上野動物園へ〜

ろりぽっぷ 978号 2016年2月26日

ろりぽっぷ978号

明日、年長組は上野動物園に出掛けます。どうやらお天気は大丈夫そうですね。
年長組になったら上野動物園へ行くんだと心待ちにしていた子どもたち。
今回も、最大のメインイベントは、西園での自由行動です。何日も前から好きな仲間とグループを作りをし、動物を見る順番を話し合ったり、グループで行動する時に気を付けることなどを話し合ってきました。

今まで積み上げてきた力をすべて発揮して、上野までの大冒険をついに遂行です。スタッフの数は十二分に準備し、安全には万全を尽くしますが、子どもたちの自立への旅ですから、その力を信じ、任せよう、手や口を出すのは最小限にしようと話し合っています。
「君たちなら大丈夫、きっとできるよ、信じているからね」と、心の中でエールを送りながら…。

さて、上野動物園への卒園遠足を20年以上も続けてきましたが、ここ2、3年、駅や電車内での子ども達へ向けられる周囲の目が変わってきたように思います。
マナーを守って行動しているにもかかわらず、存在そのものをうとましく思われ、言いがかりをつけられるということもありました。たまたまとは思えない、世の中全体の余裕のなさを感じますが、そこは怯まずに立ち向かっていこうと思います。
子ども達を、何があっても守り抜く覚悟で出掛けてきます。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2016-03

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。