ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2015-07

2015-07

いろいろあった1学期

ろりぽっぷ 957号 2015年7月17日 【1学期 最終号】

ろりぽっぷ957号

台風11号のおまけ付きで1学期が終わります。
あっという間だった気もしますが、園だよりを繰るとあんな事もこんな事もいろいろあった1学期でした。すり傷や打ち身など小さなケガは数知れず、ケガノート4ページ分がびっしりうまっています。統計をとってみると、やはり園生活に慣れていない3歳児、4歳児のお子さんに多く、身のこなしが上手になっている年長さんは少ないという結果になりました。ケガをした総数(70件)のうち、3歳…40%、4歳…50%、5歳…10%でした。全園児の4割のお子さんが何らかの小さなケガを負ったということになります。きっと2学期はケガも少なくと期待したいところですが、長年の経験から、9月が一番多いのも事実です。なぜなのでしょうか。慣れてきて、いろいろチャレンジしてみようとするものの、自分の力がともなわず、それがケガにつながっているのではと分析しています。

され、長い夏休みに入ります。お母さん達には3度の食事作りにため息が出ることと思いますが、幼稚園、小、中、高と避けることができない夏休みです。ならば、発想を変えて楽にたのしく過ごす工夫をしてみてはいかがでしょうか。例えば、お子さんに昼ごはんをまかせてみるとか…。
とにもかくにも安全に気をつけて、9月にまた会いましょう。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

夢中になれること見つかったかな? 〜コアになるものを見つけよう〜

ろりぽっぷ 956号 2015年7月10日

ろりぽっぷ956号

傘マークが続き青空を忘れてしまいそうな一週間でした。一瞬でも雨が止むと、外へかけ出していく子ども達。子ども達のエネルギーも爆発寸前です。

さて、今回はコアについて取り上げてみたいと思います。
コアとは耳慣れない言葉ですが、自分自身が興味を持って打ち込めること、または、ものを言います。コアを持つことでいろいろな面で自信ができ、やがて、自分の生き方へとつながっていくと言われています。幼児期に、今興味のあることを心ゆくまでやることは、コアを作っていく上ではとても大切なことです。

ある4歳のお子さんは、広告の紙の剣を長い時間をかけて作れるようになったことから、それがコアとなり、紙への興味(折り紙、絵を描くこと、空箱製作)へと広がり、やがて、文字への関心、生活への自信へとつながっていったという例もあります。
お子さんにとって今、何が楽しくて夢中になれることがあるでしょうか。1つでも気づいたり、見つけられたりすることがあったら、十分に時間をかけて、気の済むまでやらせてあげてください。お子さんの興味関心は多岐にわたります。泥だんご作り、虫さがし、一輪車、いろいろあっていいのです。そのうちのひとつが、将来の夢や生きがい、そして仕事につながっていくかもしれません。
園生活でも、いろいろな活動の中でひとりひとりのコアを見つけ、自信につなげていきたいと思います。<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

プール開きはしたけれど

ろりぽっぷ 955号 2015年7月3日

ろりぽっぷ955号
七夕が近づいて、園舎の廊下には笹が飾られ願いごとが書かれた短冊がひらひらと風にゆれています。
今週は、梅雨にどっぷりとつかったような1週間でした。晴れ間はたったの一日、月曜日のみ。その貴重な日差しをいとおしむように子ども達はプール遊びを楽しみました。
幼児期は泳ぎを覚える前の段階、水に慣れることからはじまります。水遊びが大好き、顔に水がかかっても平気になれるといいなと思っています。
園のプールの大きさは、6.5mx4.5m深さ65cmです。プールの水は、朝8時半から入れ、終わったら抜き、毎回取り替えています。子どもたちは、消毒液(塩素)を入れた腰洗い槽に下半身をつけてプールに入ります。水深は子どものひざ丈くらい。スイミングに通っているお子さんには、ちょっと物足りないかもしれませんね。楽しい水遊びも天気次第。昨年は、9回は入れましたが、この夏は何回プールに入れるでしょうか。水遊びの様子をご覧になりたい方は、どうぞお出掛け下さい。
<園長>

—連絡帳から—

父の日のプレゼント、ありがとうございました。園長先生ご愛飲のビール!とても美味しそうに飲んでいました。そんなパパの姿をうれしそうに見ていました。娘がゆでた(笑)煮干しは自分でポリポリ食べてしまいました。フライパンで炒ったんでしょうか?一手間かけるだけですごく美味しくなるんですね!カルシウムたくさん!作ってみます。
私は、口うるさい母よりも父にたくさん甘えてました。小学6年生か中学1年生か、もう大きくなっているのに父の足の甲に自分の足を乗せて、ペンギンかロボットの様に歩く遊びをしていたのを思い出します。
大人になり「親孝行とは何ぞや?」と考えた時、「幸せな家庭をもって孫を生んで安心させること」と思っていましたが、自分が親になって思うことは、「元気でいてくれればそれだけで充分」でした。私が親に望むことは「元気で長生き」なので私も元気に長生きできる様に頑張ります。(年長女児 母)

「子どもはみんな問題児」私も読んでみたいと思います。「心がふだん着になってみえること」も。なるほど〜、息子もまさに弟の誕生によって心が揺れ動いている時期かもな〜と思いながら読みました。それを表現してもよいと受け止めてくれる&見守ってくれる環境が家庭以外にあることがありがたく思います。(年中男児 母)

先週いただいた父の日のプレゼントに主人はメロメロでした。また、先週の園だよりは、しっかり主人に読ませました!たまたま数日前に主人が仕事から帰ってきたとき、元気がなく、どうしたのかな〜と思っていたら、「上司に怒られた…」と落ち込んでいました。何について怒られたかというと、「もっと早く家に帰って、家族との時間を作りなさい!」と言われたようです。
子どもたちが家を出ても寝ていることが多く、夜も子どもたちに会うことがないので、今回の園だよりは主人に良い刺激になってくれれば良いな〜と思いました。(年中女児 母)

今日持ち帰ってきた父の日のプレゼント。ビール命!!の夫は思いがけないサプライズに大喜び!!実は父の日にビールがある事を知っていた母ですが黙っていたのです…帰ってきてすぐに娘と冷蔵庫に入れて冷やしたかいがありました。
「じゃーん!!」と言って手渡して、「私が描いたの♡」と絵を見せていました。顔の絵はよく描いているけど、“お父さん”はあまり?ほとんど描かない娘なので、夫は、「オレの宝物☆」と大事にどこかへしまっていました!ビール、「軽くて飲みやすかった、おいしかったです」だそうです!…ちなみにいりこはほぼ娘の口の中へ…母も食べましたが、コレ、とってもおいしいですネ!!いりこやきゅうり、いつも子ども達が並んでる理由がわかります。(年少女児 母)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2015-07

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。